iPad miniを仕事でもっと活用するためにAdonit社のスタイラスペンJot Flipを買う



iPad miniを買ってからホントに色々なことが捗る。ノートやスキャナーアプリで仕事でもどんどん使うようになってきて手放せなくなってきた。そうなると手書きのメモ帳もなくして、iPad一つに全部集約したくなってきた。メモアプリではソフトウェアキーボードでの入力をしてきたけど、やはり手書きの自由さにはかなわない。スキャンした仕事の資料にも書きこみたい。そこでスタイラスペンを買ってみた。

 

実はJot Flipに辿り着く前に下の写真の安い1,000円位のスタイラスペンを買って試していた。これが全く使えなくて、危うく今回のiPad miniのメモ帳化計画が頓挫しかけていた。ペン先が太くて、なにより反応が悪過ぎる。とても文字を書けるようなシロモノじゃなかった。スタイラスペンってこんなものか…って考えてしまっていた。そう、Jot Flipに出会うまでは(笑)。

 

そして今度は折れそうな気持ちを奮い立たせて調べまくった。その結果たどり着いたのがアメリカのadonit社が出しているJotシリーズ。種類がいっぱいあって迷うけど、ボールペンとクリップが付いたこのJot Flipを買ってみた。

 

パッケージはいたってシンプル。

 

静電式のタッチスクリーン対応でiPadやiPhoneにバッチリ。

 

ステンレス製の本体は少し重いけど、逆にモノとしての質感が高くて嬉しい。カラーはこのブラックとシルバーの2色。

 

 

ココがJotシリーズの最大のウリ、ボールポイント式のペン先に透明ディスクが付いた構造。太いペン先と違って、書いているところが見えるので思ったところに書ける。ディスクがボールを基点にして自由に動くので、滑らかに書ける構造。

 

 

こちらはスタイラスペンの反対側に付いているボールペン。iPad miniに一本化すると言っても、大人としてはペンは持っていたい。あまり使わないだろうけど、市販の替芯が使えるらしい。

 

 

ボールペンを使う時はスタイラスペン側にネジ式のキャップを取り付けられる。

 

このボールペンは本体を回すと綺麗に引っ込む。持ち運びする時はキャップはスタイラスペン側に取り付けて保護して、ボールペン側はこれで周りがインクで汚れる心配もナシ。

 


ここがJotシリーズの中でもこの機種を買った理由の一つ、クリップ付き。今のところこのJot Flipにしか付いてない。

 

これが持ち運ぶときの状態。スタイラス側にキャップを取り付けてボールペンは回して収納。うん、美しい。

 

 

早速テスト。前回の失敗があったので、ドキドキ。使うアプリはEvernoteが出しているPenultimateというメモアプリ。Evernoteはもちろん、Dropboxとも同期できる。

 

すげー!!! 反応も良いし、細かい文字が書ける!!!

 

書いている所が見えるのがホントに良い。反応もスクリーンに保護シートを貼った状態でも問題なし。感覚としては固い机の上に置いた紙に書いている感じ。書くスピードはやはり少し落とさないといけないけど、ボールペンで紙に丁寧に書く時ぐらいの感覚でいける。

 

 

Amazonのレビューなんかを見ているとコツコツと書き込む時の音がうるさいとかあったけど、この機種はダンパー機構が付いていて書き込む時の音を20%削減できるらしい。ダンパー機構の効果はイマイチ分からないけど、気にならないレベル。スクリーンに保護シートを貼っているのも大きいかも。

 

反応はこちらの動画を見てもらえると分かる通り、紙に書いているのと近い感覚で書くことができる。これはGood Notesというメモアプリを使用している。

 

 

 

いやー、これは良い買い物をした。非常に満足度が高い。

もっと早く出会いたかった。


T2Z

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です