NEMO Helio Pressure Shower「ニーモ・ヘリオプレッシャーシャワー」アウトドアでどこでもシャワー



アウトドアでも釣りやカヤックの後には水洗いしたいもの。公共の水道は使えないし、汚れたものをしまうのも何となくイヤ。家に帰ってからの片付け作業はなるべく減らしたい。

 

アウトドア用のシャワーというとポリタンクに取り付けるようなものだったり、木の上から吊るしたりするものはあるけど、イマイチ。

 

こんなのとか…。

こんなのとか…。

そこでアウトドアメーカーのNEMO Equipmentから出ているHelioプレッシャーシャワーという商品を見つけてヒトメボレで買ってみた。ポンプで空気圧を高めてシャワーを出す仕組み。本体は地面に置いて使うことができる。このメーカーは空気を入れて立ち上げるテントなどを作っていて、空気圧モノには定評がある。

 

 

商品本体一式。うーん、カッコイイ。

 

 

何と言っても収納時は付属の専用ケースでコンパクトにたためるのが良い。

収納時サイズ: 直径22cm×14cm 
使用時サイズ: 直径22cm×43cm
重量: 本体650g + ケース60g

 

水の容量は11リットルも入る。上部のバンドは持ち運びに使うのではなく、栓を抑えるためのもの。水を入れた時の運搬は抱えるように持つ。

 

本体の底はこんな感じ。シャワーホースは2.1mあって十分。

 


足踏式のポンプ。

 

シャワーヘッド。

 

このレバーを押すとシャワーが出る仕組み。

 

さて、いよいよ空気を入れていく。本体が黒っぽいので、水を入れてしばらく日なたに置いておけばナマ暖かい水にもなる。

【重要】空気を入れる時は下の写真のようにポンプのロゴがある面を上にして、上の弁の蓋を開けること。(下の弁の蓋は閉めたまま)。これをしないとポンピングが出来ない。最初これを忘れていて不良品かと思っちゃったのはワタシです(汗)。

 

ポンピングは数回ですぐにパンパンになる。ポンピングする前に上の栓を閉めて、しっかり上にバンドが掛かっていることを確認。

 

肝心のシャワーの出はこんな感じ。水が飛散るような激しい勢いは無いけれど、必要にして十分レベル。勢いがなくなってきたら足でポンピングしながら使える。だいたい5分から7分、水が少なくなってきても問題なし。

 

公式サイトから写真拝借。海のスポーツは潮を洗い流すのに最適かも。もちろん海のカヤックフィッシングにも。キャンプの炊事にも便利そう。

 

 

とにかく商品のデザインが良くて、雰囲気を壊さない。コンパクトにたためるので持ち運びも苦にならない。ガンガン使っていこー。

 



T2Z

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です