レネー・ハロップのノーハックルフライ



久々にフライの道具の整理をしていたらレネー・ハロップのノーハックルフライが出てきた。

 

惚れ惚れするクオリティ。ここに至るまでにどれほどの試行錯誤があったのか。

 

彼がいつも言うのは、フライの耐久性。そのためにスレッドは限界の力で巻く。キリキリと音がするぐらい。

 

彼とはしばらく会っていないが、またヘンリーズフォークを一緒に釣りたい。今でも思い出すのは彼が釣りをしている時の雰囲気。まさにトラウトハンター。傍からみると大胆に動いているように見えるが、魚のライズは止まらない。僕が川に一歩足を踏み入れるととたんにライズが止まってしまう。


 

いつかまた訪れる日が来るだろうか。

 

 

 



T2Z

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.