クロアチア・ガツカリバー釣行



フライフィッシャーの間では伝説的な湧水の川(スプリングクリーク)、クロアチアのガツカリバー(Gacka River)へ。

 

 

ロストバッゲージからスタート…。

 

とりあえずビール。ビールが水の様な国。

 

 

なぜか村長さんがご挨拶に。翌日の新聞にも載った。

いよいよ川へ。

ロストバッゲージで釣りが出来ずベンチに座って見ていると、地元の老紳士が現れ、話し相手になってくれた。一体何年この川で釣りをしているのだろうか。ただならぬ雰囲気を感じる。

宿に帰って一杯。これは名産の梨のお酒。

 

翌日は違うポイントへ。これぞ思い描いていたガツカリバーという牧歌的な雰囲気がたまらない。

 

釣り方はやや特殊で、ニンフを魚の手前で引っ張ってリアクションさせるというローカルなものだった。

 

夜は移動。一路お隣のスロベニアへ。

朝起きるとメルヘンな世界が広がっていた。

 

川はとても澄んでいて美しい。

 

魚のストックは多い。

ランチはたっぷりと。ビールを添えて。

 

 

グッドレインボー。

 


 

移動の途中のスロベニアのソチャリバー。ほんとに青い。

 

イタリアに近づいてきた。

 

 

この道は…。

 

ここを渡れば、そこは水の都、ベニス。

 

ベニスといえばまずはベリーニ。

 

よく見る風景。

 

有名な橋をショパールがジャック。

 

船に乗ってディナーへ。

 

ベニスの夜は長い。

移動が多かったが、楽しい旅だった。

 

 



T2Z

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.