電子たばこは色々比べてPloomtechプルームテックにした



 

 時代の波か。喫煙者としては肩身が狭い世の中になってきた。

 

こうなるのも致し方ないと思う。街中でもトコロ構わず歩きタバコやポイ捨てをしている輩がいるし、喫煙者の自分でも不快に思うのだから、非喫煙者からしたらゲスの極みの所業だろうと思う。そんなことしてたら、ホント吸えるトコロ無くなっちゃうよ。おじさん達よ、時代は変わったのだ。もうかつての自由を取り戻す日は絶対に来ない。公衆の場で全面禁煙になる日は「来る」「来ない」の問題ではなく、それは「いつ」になるかの問題なのだ。

 

そして電子タバコへ

 

ということで、まずは自分の第一歩。煙が出なくてニオイもしないやつ。しかしアイコス、プルームテック、グロー、どれもこれも入手困難。各社とも既存のタバコの売上への影響など、将来を見据えて色々と考えて探っている段階だろう。

 

色々と調べてみると、それぞれ特徴を出しているのだけれど、JTのプルームテックが良さそうという結論に。アイコスと比べると

 

  • 灰が出ない
  • 匂いがダントツに少ない、というかほぼ無臭
  • 一回ごとの充電の必要無し
  • 一本単位ではなく、一吸いでも止められる

 

まあ、色々あるんだけど、とにかくこの吸うと光る先端の青いLEDが未来っぽくて気に入った。

 

 

 

プルームテック入手への道

 

プルームテックは今はまだ抽選販売状態なので、とにかく登録して当選するのを待つしかない。JTスモーカーズIDに登録して、抽選に申し込み、何ヶ月か経った6回目の抽選でようやく当選メールが来た。なんか久々に合格通知に一喜一憂したりする感覚。

 

JTのPloomオンラインショップですぐに購入して、ようやくゲット。意外に小さいパッケージ。

 

 

 

本体の先端側となるバッテリー部分と、USB充電器、USBコンセント、ソフトケースのセット。ケースは初期のハードケースから変更になった模様。

 

 

 

とにかくまずは充電から。充電中はロゴの部分が赤く光っていて、終わると白く光る。その間に説明書を熟読。

 

 

 

たばこカプセルを一緒に買うのも忘れずに。この中にカプセル5個と本体のもう半分側となるカートリッジが1本入ってる。

 

 

 

充電したバッテリー側にカートリッジをねじ込み、最後にたばこカプセルを押し込んで完成。 


 

 

 

はじめてのプルームテック

 

一つのカプセルで50回吸える。一つのカートリッジはそれを5本分、つまり一箱分使える。吸ってみると、意外にタバコのようなキック感はあって安心した。ゆっくりと長めに吸い込むのがコツみたい。水蒸気?も普通のタバコの煙のように出るので、吸ってる感もちゃんとある。

 

先に書いたけど、とにかく吸いたいだけ吸えて、一口でも止められるのはとても便利。これは1本吸い切りのアイコスとは違って大きなメリットだと思う。無駄な火付けが無いので、減煙効果がハンパない。実際、普通のタバコと併用している現段階だと、タバコは半分に減って、プルームテックの方は1日に1カプセルで十分かも。もちろんお財布にも優しい。これは思わぬ効果で嬉しい。

 

 

 

カプセルの味は現在3種類

 

肝心の味は3種類。紫色のベリー系の甘い味がするクーラーパープル、緑色のいわゆるメンソール系のクーラーグリーン、そして普通のレギュラー。とりあえず一通り吸ってみた。

 

 

 

普段のタバコはマルボロのレギュラーの3mgなんだけど、これまでJT系のタバコは独特の後味があって敬遠してたので、そこがフィリップモリス系のアイコスと悩んでいた部分。レギュラーを試してみるとやっぱりそんな感じ。慣れの問題もあると思うけれど。

 

そこでパープルを試してみると、ブルーベリーガムのような香りにスッキリミントが混ざったような感じでこれは良いかも。普通のタバコのメンソールはキツくて吸い込むのに抵抗があったんだけど、これは良い。グリーンの方はいわゆるメンソールなんだけど、これも普通のタバコのメンソールほどキツくない。普段メンソールの軽いタバコを吸っている人だったらホント抵抗なく移行できるんじゃないかなって感じ。プルームテックのちょっと吸いにはパープルが合ってる感じで、しばらくこれでいってみようかな。

 

 

付属のソフトケースにはたばこカプセルとUSB充電器とプルームテック本体が入るので、外出はこれでオッケー。

 

 

 

完全移行はもうちょっと先かな

 

とりあえずしばらくは普通のタバコとプルームテックの両刀でいこうかな。食後の一服など、深い吸い込みが欲しい時にはプルームテックだとちょっと物足りない感じがある。これも慣れてくれば完全に移行できるのかな。

 

 

 

アクセサリーも楽しめる

 

公式やサードパーティから色々なアクセサリーが出ていて、楽しめそう。とりあえず吸い口に付けるマウスピースは必須かも。

 

 

 

 

 

待った甲斐があって、とても気に入った。ぜひ一度お試しを。

 

 


T2Z

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です